川崎市の財政のあり方を市民本位に見直します

川崎市の財政のあり方を市民本位に見直します

川崎市は、これまで、少人数学級や、中学卒業までの医療費無料、特養ホームの増設などの市民の願いに背を向け続けてきました。そして、「厳しい財政状況」という言葉を常套句のように使ってきました。 「そんなことは無い、川崎市の財政...

陽が当たり、園庭のある認可保育園を

陽が当たり、園庭のある認可保育園を

  陽が当たり、園庭のある認可保育園を 市内の「保育格差」の広がりは深刻です。「ポストの数ほど保育所を」という市民運動の中で建てられた保育園は、量だけでなく保育の質の向上、子どもの健康作りにも配慮し、一定規模の...

Return Top