市古ひろかず 川崎民主市政をつくる会

市古ひろかずは、環境破壊のリニア中央新幹線の中止を求めます

環境破壊のリニア中央新幹線は中止を求めます

建設進むリニア縦坑(等々力緑地)

リニア中央新幹線の「シールドトンネルにおける安全・安心等の取り組みに関する説明会」が、トンネルルートとなる中原区、高津区、宮前区、麻生区で8月に行われ、各会場100名近い住民が参加しました。この説明会は、同じ大深度のシールド工法で工事が行われた、東京外環道のトンネルの工事中に、調布市の住宅地で地盤の陥没や地価の空洞化が発生したことから、JR東海によりシールド工事についての安全性について、住民に説明をするものでした。
しかし、JR東海の説明は住民の不安を取り除くものではありませんでした。
この説明会を受け、10月11日 リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会が、川崎市長と市議会議長に宛てに要請書を送りました。
要請の内容は、
(1) 川﨑市内のリニア大深度トンネル工事を一時中断し、ルート上のボーリング調査を 50m~100m 間隔で行いその結果を公表すること
(2) 市の導水隧道とリニアトンネルの近接交差(川崎市外のものも含む)に つきJR東海との協議内容を公開すること
(3) 市としてリニア工事について安全性や環境影響に関する中立的な検討委員会(第三者委員会)を設置すること。 です。
それまで安全ばかりを強調してきた事業者ですが、その信頼は完全に崩れ去ったと言えます。
同様の工法で掘削を行うリニア新幹線の工事でも調布市のような事態が起きることを、川崎市内16キロ余りのルート周辺住民は怖れています。
リニア中央新幹線の電力消費は現在の新幹線の3倍の電力を必要とし、省エネ脱炭素の政策に逆行しています。しかも、大規模なトンネル工事が必要で河川の流量減少や、トンネルを掘った時に出る、膨大な土の処理はどうするのか? そして 莫大な費用をかけて開業しても事業採算は極めて困難です。このようにいくつもの解決困難な課題に向き合わず、見切り発車で強行されています。このコロナ禍で、以前は一般的に使われなかったテレビ会議が、普遍的なものになってしまったため、都市圏間の移動を大幅に短縮するとうたったリニア新幹線のビジネス需要は当てに出来なくなりました。時速500Kmの真っ暗闇の運賃の高額な鉄道をどれだけの人が使うでしょう。
私は、市長になったらこのような何一つ説明のつかない無謀な計画は直ちに中止することを求めます。

リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会の要請書①
リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会の要請書②
リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会の要請書③