Read Article

 

陽が当たり、園庭のある認可保育園を

公園を探して歩く園児たち

市内の「保育格差」の広がりは深刻です。「ポストの数ほど保育所を」という市民運動の中で建てられた保育園は、量だけでなく保育の質の向上、子どもの健康作りにも配慮し、一定規模の園庭を必ず備えていました。
その後の人口増と、所得減少による共働き家庭の増加が深刻な保育所不足をもたらしました。
川崎市は、国が2001年に打ち出した「園庭は公園、広場で代替できる」という規制緩和に便乗する形で、次々と園庭のない保育園を設置してきました。
しかしなんと川崎市は、一人あたりの都市公園面積、政令市ワースト2位という実体で、園児達がのびのびと遊べる公園自体が元々不足しているのです。
人口が急増している中原区の武蔵小杉駅周辺では、1つの公園に複数の保育園児が集中し、園児を公園に連れて行っても、他の保育園と重なってしまい、諦めて遊ぶことすらできずに引き返すこともあるそうです。
公園では、譲り合いの工夫をしながら遊ばせますが、のびのびと子ども達を遊ばせることは出来ません。
福田市長は、青年会議所主催の公開討論で、市古市長候補が「園庭のある認可保育園をまず10園作る」と言ったことに対して「それを前提にすると保育所整備は立ちゆかなくなる」と発言されました。
武蔵小杉について言えば、はじめから子育ての環境に配慮せずに、人口一極集中のまちづくりを推し進めてきたことが問題なのです。
広大な土地にタワーマンションを建設するなら、園庭のある保育園を計画に組み込むことが出来たはずで、陽も差さず、園庭のない保育園に子ども達を押し込める結果になったのは、行政の責任です。
子ども達が、陽の当たる広い園庭でのびのびと遊べる環境は、体力作りや社会性を培う、成長、発達の上で欠かすことのできないものです。その環境整備は行政の責務であり、土地がないと言うのであれば市が積極的に確保すればいいだけではないでしょうか。
川崎民主市政の会は、かつて言われていた「子育てするなら川崎で」を取り戻すべく、子ども達が伸び伸びと成長できる環境整備を最優先にして、まずは10園の園庭のある認可保育園を整備を求めます。

公園に集中する複数の園児たち
土のある園庭で運動会
Return Top