座りきれないほど超満員の演説会に

10月16日。市古候補が勤めていた、苅宿小学校、住吉中学校の学区ではたの君江候補(衆院神奈川10区、共産党)と合同個人演説会。雨天でも約70名の方が集まってくださり、座りきれないほど会館が超満員に。
市古候補の教え子という音楽家の上山さんが作曲し、9条の会の清水さんが作詞した「Family」というきれいな旋律の曲を参加者が歌い、なごやかに演説会が始まりました。
市古候補の教え子を持つ保護者の方、同僚だった元教員の方が市古先生の人となりを紹介。はたの君江候補は、小杉のまちづくり、横須賀線小杉駅のホームドア設置などの運動に市古候補とかかわってきたことを紹介し、市古市長の誕生と日本共産党の議席を伸ばしてほしいと訴えました。
市古候補は、これらの応援演説にこたえ、「3人の市長候補の中で、憲法9条を守り、市政に生かすのは私だけ。前市長のように無駄な大型開発は止め、市民の暮らしに予算をまわします。」と政策を訴えました。
最後に二人のお孫さんから花束を、新婦人からダウンジャケットのプレゼントをもらい、市古てるみ市議からもエールをうけ、参加者が支援の気持ちを強めました。

Return Top